↑ Return to 氷塊商店

Episode 1: 貪欲な富豪 04

戻る 目次へ 進む

 

一体何が物足りないのか。

自室のベッドに横たわり、カルロスはため息をついた。

 

過去には美しい者から醜い者、

生まれたての赤子から死ぬ間際の老人、

生死、男女問わず犯しつくした事もあった。

 

だが今回彼は、誰を犯そうと満たされる自信がなかった。

それでも尚、心は肉欲を求める。

 

満たされない気持ちを抱えたまま、彼は眠りについた。

 

    ■

 

翌朝、ウィーティストン近郊のとある小さな村の広場に人だかりができていた。

 

普段は明るく暖かい、穏やかな村であったが、

その村民が皆、今はただ呆然と立ち尽くしあるものを凝視している。

 

「アメリア!!」

 

叫びながら駆けつけたのは、この村の村長であった。

人だかりをかき分け、その視線の中央へと飛び出す。

 

「あ…あああ…ッ!」

 

その視界に映ったものは…。

手足が切断され、

身体中が痣だらけで、

薄汚れた衣服と枷を纏う男性の死体に絡まれ、

その男性ごと全身を鉄杭に貫かれた女性で、

 

それは紛れもなく、

村の借金を返すため、村民と父の為に自ら売られる事を名乗り出た、

村長の愛娘の、変わり果てた姿だった。

 

慟哭が町中に響き渡る。

けれどその声はウィーティストンには届かなかった。

 


戻る 目次へ 進む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。